G-04:「真田幸村」~日本一の兵

真田幸村といえば赤備え(あかぞなえ)の軍団編成で有名です。
赤備えとは、朱塗りの甲冑で統一した軍団をいいます。
戦場でも特に目立つため、特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊です。
真田幸村は、大坂夏の陣において赤備えの軍団を編成し、敗色濃厚な豊臣家に忠義を尽くし、10倍以上の兵力で攻めかかる敵勢を撃退するなど、見事な奮闘ぶりを見せた伝説の武将です。
私利私欲を超越した忠誠心や、武将としての男らしい生きざまに、「日本一の兵(つわもの)」として高く評価されています。

この甲冑は、真田幸村らしい、「忠義」、「誠実」というイメージを意識しつつ、神聖で晴れ晴れしい舞台で輝けるようにデザインしています。
同時に、「武骨者」、「男らしさ」という印象も忠実に再現しており、幸村の戦国武将としての生き様が偲ばれるでしょう。

この甲冑の総重量は30kg程です。