G-10:「本多忠勝」~天下無双の大将

本多忠勝は生涯を通して一貫して徳川家に仕えた忠臣であり、言わずと知れた徳川四天王の武将です。
戦乱の世において参加した合戦は大小合わせて57回に及びましたが、いずれの戦いにおいてもかすり傷一つ負わなかったと伝えられています。
これらの合戦における忠勝の活躍は敵味方を問わずに賞賛され、家康からは「まことに我が家の良将なり」と激賞され、一方の敵将にも、「家康に過ぎたる武将」と賞賛されたほどの武勇の持ち主です。
また、織田信長はじめ豊臣秀吉には、「東に本多忠勝という天下無双の大将がいる」と勇将として讃えられたといいます。
本甲冑は、可能な限りの本物志向で重厚感あふれる作りとなっています。

この甲冑着用の総重量は約30kgです。