プロフィール

運営総責任者: 多治見卓(たじみたかし)

※写真の長髪はカツラです。

日本の鎧(甲冑)は特有の国風文化の影響を受け、美意識を極めたものを形成してきました。
現代では、最高水準の美術工芸品として世界中の愛好家から認められ愛されています。
私はこの日本鎧甲冑の美しさに魅せられて鎧甲冑の研究と製作に没頭してきました。
そして、単なる自己満足ではなく、多くの人にも鎧甲冑の素晴らしさをわかってもらいたく、鎧甲冑のレンタル事業を始めました。

いうまでもありませんが、鎧甲冑とは本来は”戦”(いくさ)において身を防御するための武具です。
しかし、時代を経るにつれて、先祖が着用した鎧甲冑は神格化され、神聖なるものとして奉られるようになってゆきました。
私は、鎧甲冑は美術工芸品であると同時に”聖なるもの”と位置付けています。
だから私は、聖なる”志”(こころざし)を持って鎧甲冑をお貸し致します。

結婚披露宴は夫婦二人の永遠の愛を誓う”聖なる場面”です。
一生に一度の良い思い出を深く心に刻み込むシーンであるべきです。

私は、単に鎧甲冑をレンタルするだけではありません。
お客様が抱くであろう、あらゆるニーズにお応えします。
”安心”、”誠実”をモットーとします。
”お客様志向”で万全のサービスを提供する志(こころざし)は誰にも負けないと自負しています。

レンタルをご検討されている方は、まずはお問い合せください。 お客様がご満足されることを自信を持ってお約束致します。

メニュー

  • ご質問等あれば、お電話かメールでお問い合わせ下さい。詳しい情報は資料請求でご覧いただけます。

    お問い合わせ

  • 甲冑レンタルにかける小札屋の意気込みをご覧いただけます。

    小札屋について

  • 鎧甲冑レンタル小札屋を運営している会社は静岡市に拠点を置く”株式会社さまあ”と申します。

    運営会社について