お客様の声

宮崎様ご夫妻 (愛知県名古屋市)

『他人(ひと)と違う結婚式をしたいなぁ…』そんな思いがすべての始まりでした。

小札屋さんを訪れたのが結婚式4か月前。 甲冑ではゲストに失礼かも…との心配もあり、現物を見てから決断しようと試着をお願いしましたが、 小札屋さんを訪れた私達を待っていたのは、本格的な甲冑の数々と甲冑に情熱をささげる多治見さん。 心配は杞憂に終わり、即断でした。

「新郎新婦の入場です!」との紹介の直後、照明を落とした会場内に馬のいななき声とともに武者姿の多治見さんが登場。 ほら貝を吹きはじめた瞬間、湧き上がる会場。扉の後ろに隠れていた私達にも会場のどよめきが聞こえてきました。

そして、興奮さめやらぬ会場に、名古屋ゆかりの織田信長甲冑を身にまとった私と妻が入場すると歓声が湧きあがり、 盛り上がりは最高潮!あちこちでフラッシュが光り、みんなに「かっこいい!!」と声をかけられ、思わず「俺ってかっこいいかも」なんて自意識過剰モードに(笑)

当日は自分達のことに必死で気が付きませんでしたが、写真を現像してみると 、ほら貝演奏を終えた多治見さんが私たちの入場シーンでは側に跪いてくださっていたことが発覚。 細かいところまで演出をしてくださっていたことに改めて感動しました。

日本刀を使ってのケーキ入刀、そして『我こそは色男』ゲーム。 男性を対象に、運試し、高級品と普通品の味比べ、じゃんけんを織り交ぜ、ゲームの勝者に純米大吟醸「IRO OTOKO」、 敗者には信長にちなんだ「清州城信長鬼殺し」を振る舞うゲームをさせていただいたところ、思いのほか、「信長様からご褒美がもらえるぞ!」と大好評。

また、「二次会は、披露宴とは違う甲冑を着用されたらどうですか?」などと素敵なご提案をいただき、直江兼続仕様の甲冑まで着させていただきました。

本来、披露宴は、ゲストに感謝とご挨拶の意を伝えるとともに、花嫁がゲストの視線を独り占めする場。 新郎が主役となる甲冑婚をすることには賛否両論あるかと思います。 しかし、ゲストから「絶対忘れられない!」「かっこよかった!」と声をかけていただき、思い切って甲冑婚をしてよかったと実感しています。

一生に一度の結婚式、私達らしいセレモニーにしたいとの思いに全力で応えてくださった多治見さん。 小札屋さんと出会うことが出来たおかげで忘れられない最高の一日となりました。素敵な結婚式を一緒に作り上げてくださり、ありがとうございました。

山下様ご夫妻 (愛知県名古屋市)

・小札屋に決めた理由
まずは試着だけでもしてみようと静岡への旅行も兼ねて小札屋に訪れました。
事前に試着もできましたし、その後も丁寧にご対応いただけたたこと、当日も小札屋さんに着付けをしていただけるということで、安心して衣装替えができること思い、小札屋さんに決めました。

・甲冑を着てみたいと思ったきっかけ
式場が和の雰囲気でしたので、和装への衣装替えを予定しておりました。が、一生に一度の結婚式ということで折角なら思い切って甲冑を着てみようと思ったのがきっかけです。あと、新婦に負けないくらい目立ちたいという思いも少しありました。

・試着・着付けの時の感想
見た目からも凄い重量感が伝わってきますが、試着をしてみると想像以上に重かったです。
やはり試着をしたら当日も甲冑を着たくなりました。
ちなみに当日の着付け時間も特に気になりませんでした。(新婦の和装への衣装替えと変わらないくらいでした)

・披露宴での演出内容
法螺貝武者演出→暴れん坊将軍のテーマソングでの再入場でした。
最後の挨拶の前・退場時にもサービス(当日打ち合わせあり)で法螺貝を吹いていただき、会場もいい雰囲気になりました。 法螺貝演出は絶対にオススメです。

・来賓の方々の反応
老若男女を問わず参加者全員が喜んでくださったと思います。本当にやってよかったと思います。
小札屋さんとも記念撮影される方がたくさんいらっしゃって私よりも人気があったのでは?とも思いました(笑)

井戸田一希様&美紀様ご夫妻 (愛知県一宮市にて挙式)

きかっけはテレビの甲冑結婚式特集を観て、こんな結婚式を挙げるカップルもいるのだな~と思い、戦国好きな私としては少し気になっていました。
ただ、予算の事や、結婚式は質素にと思っていた私は結婚式の準備でも、周りから冗談で甲冑結婚式はどう・・・と言われながらも本気では考えませんでした。

ところが結婚式の準備を進めていくうちに、自分らしさとか、ゲストのために何かサプライズは・・・と思うようになり、インターネットで甲冑レンタル屋さんを探すことになりました。
ネットでは何社か検索されましたが、事前試着(実際の甲冑を確認してから決めることができる)という点と、料金がはっきりしていてわかりやすいという2点で小札屋さんに電話することに・・・
私の希望で試着は、小札屋さんの一室で行うこととなり、嫁と2人で静岡県の事務所へ伺いました。

事務所の扉を開けた時、兼続・幸村・正宗の甲冑に圧倒されました(今でも嫁と2人で絶叫していたのを思い出します)。
想像以上のインパクトのため、当然 私は一目惚れ、その場で試着させていただき撮影会、初めて会ったとは思えない気さくな旅路卓さんのお話も心を打ち、結局3時間以上お邪魔してしまいました。

さて【前撮挙式プラン】を選んだ私たちは、前撮りで、信長・幸村の甲冑を着させていただき、旅路卓さんにはロケ地へも足を運んでいただき丁寧に着付けをしていただきました。
撮影中も新婦同様スターになった気分で撮影を満喫できました。

そして結婚式当日ももちろん大成功、お色直しで登場した時に、ゲストの皆様の口が縦に開いていたことが一番印象に残っています。
製作された方の想いが詰まった本格的な甲冑で成功しない訳もなく、小札屋さんの甲冑を選んで本当によかったと思っております。
小札屋さんありがとうございました。

佐藤良司様 (東京都在住)

せっかく式を挙げるのであれば、楽しく目立つものを取り入れたいと思い鎧をリースすることを決意。
ネットでいろいろと調査した結果、料金も格安でサポート万全で安心だったので『旅路卓さん』にお願いしようと考えました。

打ち合わせで実際に鎧を見ると、写真よりも重厚感があって『これなら確実に盛り上がる』と考え、お願いしました。
披露宴当日は着付けから行動の心得まですべてサポートしてくれて搬入出もすべてお任せできて非常に楽でした。

鎧を着て会場に入ると、みんなの驚愕の声と、大喝采が湧き上がり予想以上の盛り上がりでした。意外に、同年代の仲間以上に、年配の親戚が喜んでくれたのは笑えました。

後日話を聞いた方々にも『鎧を着たんでしょ!是非見たかった』等間接的にも噂になったり、『忘れない結婚式だった』等お話頂いたり、大満足です。

また機会があったら是非もう一度着たいです。