プランナーさんが、「日本刀でケーキカットされた人もいましたよ!」と教えてくれたのをきっかけに、初めは冗談かと思ったら旦那様は真剣に甲冑を着たいと言い出したので、着ることにしました。

どうも結婚式で甲冑を着るのが流行ってるとの情報を聞いていたのですが、大阪ではまだ認知されていなかったようで…甲冑を受け入れてくれる式場さんはなかなかなかったです。
ただ1件ノリノリで承諾してくれたところも、初の試みだったようで、よくやらせてもらえたなとほんとに感謝しています。

小札屋さんは甲冑を探し始めてすぐにホームページを見つけて問い合わせました。
そのころは直江兼続の甲冑を扱っておられなかったので、あきらめて他のところを探そうか…と思っていたところに、入荷のお知らせをいただき親切・丁寧な対応をしてもらったので、すぐに決めました。

実物で見る甲冑は迫力があってほんとにかっこいい!いざ試着して、式場の方に「普段着って言われてもしっくりくるくらいよく似合ってますよ!」と言われ、旦那様ご満悦のご様子。
2種類着せてもらえるということで、伊達正宗も着せてもらったのですが…こっちもかなりかっこいい。
正直かなり迷いました。

この演出は友達はもとより、両親にも極秘で進めていたので、入場したときのみんなの反応はすごく楽しみにしていました。
その楽しみを裏切らず、みんなものすごく盛り上がってくれました!あの歓声、旦那様のどや顔、一生忘れられない思い出になりました♪