「披露宴ではゲスト様に感謝の意を表し心から楽しんでいただく」
これが一つのテーマでした。
そしてサプライズが好きな私達は、
会場の雰囲気からは予想できないお色直しをしようという事になり、
和装を纏う事になりました。
色々とレンタル会社様を探すにあたり、
どうしても愛の前立と白陣羽織がよかったので小札屋さんに決めさせていただきました。
白陣羽織や采配などの提案(単なる私のわがままですが・・・)も、ラインナップを増やす為にと快く作製していただき、大変感激しております。
 ここまで親身になって相談に乗って頂いたのは小札屋さんだけでした。

大河ドラマ効果もあり、再入場の時は大歓声と拍手と驚きの表情で迎えていただけました。
その後に記者会見場の様な光景になり、一切食事する事ができませんでしたが(笑)
最後のサンクスセレモニーでは、私の「祝砲 放て~」の合図で花火をあげて締めの挨拶。
甲冑を着られた私も、それに合わせて和装ドレスを着た新婦もゲスト様同様に楽しませていただき、一生の思い出となりました。

02