Y-01:「赤糸威大鎧」~鎌倉時代形式

Y-01:「赤糸威大鎧」~鎌倉時代形式

この甲冑は、「大鎧」(おおよろい)と言われる形式のものです。
「大鎧」は、平安時代の国風文化の中で日本独特の甲冑として確立し、馬上で弓を射る騎射戦が主流であった平安 – 鎌倉時代に、騎乗の上級武士が着用しました。
大鎧を着て立つと肩で重量を支えることになりますが、馬上では鎧の重量は鞍にかかって安定します。
室町時代には「式正の鎧(しきしょうのよろい)」といわれ格式高い甲冑であると位置づけられ別格のものとして扱われるようになりました。
戦乱のなくなった江戸時代には、その外見の華美さから、大名家などで復元されて象徴的なものとして用いられることとなりました。
この大鎧は、鎌倉時代の典型的な大鎧を忠実に再現したものです。

この大鎧の総重量は25kg程あります。

Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式

Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式

平安時代末期の典型的な大鎧を復元したものです。日本独特の精巧な構成かつ雅な表現を誇る、日本の鎧(甲冑)の原点とも言うべき鎧です。

騎射戦に最も適した鎧であり、徒歩戦(直接地上を駆け巡っての戦い)には向いておらず、胴の腰回りが大きくて台形状の外見をしており、立った状態では鎧の重量の全ての負荷が両肩のみにかかるため、戦国時代の甲冑に比べてとりわけ重く感じられます。

室町時代以降、「式正の鎧(しきしょうのよろい)」として敬われ、大名の権威を象徴するものとして奉られるようになりました。

この大鎧の総重量は27kg程あります。

※当時の日本人体型に合わせて復元した鎧であるため、身長165cm以下の方に適します。

G-02:「伊達政宗」~本物鎧

G-02:「伊達政宗」~本物鎧

この甲冑は、安土桃山時代に当時の甲冑師によって製作された”本物”の骨董甲冑です。現代の甲冑師が厳密な時代考証の基で着用できる形に修復しました。

現代に製作されたいわゆる”現代鎧”は、使用する鉄板の厚さは1mmにも満たないですが、この甲冑の場合は、胴体部分で4mmを超える厚さの鉄板で構成されております。さすがの火縄銃の攻撃をまともに受けてもビクともしない極めて重厚かつ堅牢な甲冑です。

この甲冑は伊達家仙台藩が代々受け継いできたいわゆる「仙台胴」の基本型を踏襲しており、当時の甲冑師の匠の技を窺い知ることができます。

この甲冑の総重量は28kg程あります。

G-03:「直江兼続」~情熱の愛

G-03:「直江兼続」~情熱の愛

「愛の前立て」の愛の語源は、仏教の信仰対象である”愛染明王”や”愛宕権現”であるとの説が有力視されていますが、”仁愛の愛”として抱くのも雅であると考えます。

本鎧のもうひとつの特徴は、後頭部や首周りを防御する装備である「シコロ」です。通常、シコロは1重であるのが一般的ですが、兼続の兜は二重シコロといって、外側の笠ジコロの内側にもうひとつシコロが装着されています。これは上杉家に特有な形式で、兼続の主君である上杉景勝も二重ジコロの兜を所用しており現代に伝わっています。

まさに結婚披露宴に望む男の晴れ着にふさわしい甲冑です。

この甲冑の総重量は17kg程です。

G-04:「真田幸村」~日本一の兵

G-04:「真田幸村」~日本一の兵

真田幸村といえば赤備え(あかぞなえ)の軍団編成で有名です。
赤備えとは、朱塗りの甲冑で統一した軍団をいいます。
戦場でも特に目立つため、特に武勇に秀でた武将が率いた精鋭部隊です。
真田幸村は、大坂夏の陣において赤備えの軍団を編成し、敗色濃厚な豊臣家に忠義を尽くし、10倍以上の兵力で攻めかかる敵勢を撃退するなど、見事な奮闘ぶりを見せた伝説の武将です。
私利私欲を超越した忠誠心や、武将としての男らしい生きざまに、「日本一の兵(つわもの)」として高く評価されています。

この甲冑は、真田幸村らしい、「忠義」、「誠実」というイメージを意識しつつ、神聖で晴れ晴れしい舞台で輝けるようにデザインしています。
同時に、「武骨者」、「男らしさ」という印象も忠実に再現しており、幸村の戦国武将としての生き様が偲ばれるでしょう。

この甲冑の総重量は30kg程です。

G-05:「織田信長」~カリスマ武将

G-05:「織田信長」~カリスマ武将

織田信長は、破竹の勢いで敵対勢力を次々と下してゆき、果ては事実上の天下人としての地位まで上り詰めた武将としてあまりにも有名です。

信長は、南蛮渡来品(西洋品)を好み、柔軟な思想の元で合理的に取り込んでゆきました。甲冑についても例外ではなく、南蛮渡来の甲冑の胴体を流用して和洋折衷の甲冑とした、いわゆる南蛮胴具足を愛用していたといわれています。

信長の南蛮胴甲冑は現存していませんが、本甲冑においては、他のいずれの戦国武将の

追従をも許さないような絶大なカリスマ的存在感を醸し出した“信長らしさ”を見事に表現しています。

この甲冑の総重量は25kg程です。

G-06:「直江兼続」~藍の証

G-06:「直江兼続」~藍の証

直江兼続をイメージして、あまりにも大胆に表現した結果完成した甲冑が、この「藍の証」(あいのあかし)です。甲冑の各部位は、実物の構成にできるだけ則り、藍色系統の鮮やかな組紐で表現しています。

後頭部や首周りを防御する「シコロ」も実物にならって二重シコロとしています。通常、シコロは1重であるのが一般的ですが、実際の兼続の兜の構成と同じ二重シコロ構造を見事に踏襲しています。

史実に基づく甲冑から軸を逸らさない一方で無骨らしさを一切排除し、場の雰囲気にマッチするエレガントな演出を望まれる方にはおすすめです。

この甲冑の総重量は18kg程あります。

G-07:「直江兼続」~愛の決意

G-07:「直江兼続」~愛の決意

多くの男性に好まれる“紺色”と、誠実さや清潔さの印象のある“白色”を基調とした組紐で表現された、男らしい雰囲気を醸しだしたデザインです。

後頭部や首周りを防御する「シコロ」も実物にならって二重シコロとしています。通常、シコロは1重であるのが一般的ですが、実際の兼続の兜の構成と同じ二重シコロ構造を見事に踏襲しています。

兼続の甲冑の特徴は維持しつつ、さらに“男らしさ”と“無骨さ”を加えて「愛の決意を抱いて妻や家族を守ってゆく覚悟」をストレートに表現したい方にお勧めの甲冑です。

この甲冑の総重量は20kg程です。

G-09:「徳川家康」~歯朶具足

G-09:「徳川家康」~歯朶具足

徳川家康が関ヶ原の合戦の前に大黒天の夢を見たことから、それを意匠として作らせた甲冑がこの甲冑です。

この甲冑には歯朶(しだ)に見立てられた前立てがついていることから“歯朶具足“といいます。歯朶は常緑でよく茂る植物であることから繁栄と長寿を願う縁起物でもあり、この甲冑を身に着けて関ヶ原の合戦・大坂の陣で勝利したことで、俗に”大出世甲冑”ともいわれています。

事実、260年以上にわたる江戸幕府の安泰の礎となった徳川家康のこの甲冑は、新たな家庭を守り、繁栄に導く役目を負った、覚悟と喜びの一領です。

この甲冑の総重量は30kg程です。

G-10:「本多忠勝」~天下無双の大将

G-10:「本多忠勝」~天下無双の大将

本多忠勝は生涯を通して一貫して徳川家に仕えた忠臣であり、言わずと知れた徳川四天王の武将です。

生涯において60回近く参戦した合戦において傷一つ負わなかったと伝えられています。忠勝の勇猛果敢な活躍は敵味方を問わず賞賛され、家康からは「まことに我が家の良将なり」と激賞され、一方の敵将にも、「家康に過ぎたる武将」と賞賛されたほどの武勇の持ち主です。また、織田信長はじめ豊臣秀吉には、「東に本多忠勝という天下無双の大将がいる」と勇将として讃えられたといいます。

本甲冑は、可能な限りの本物志向で重厚感あふれる作りとなっています。

この甲冑の総重量は25kg程です。

G-11:「直江兼続」~本物鎧

G-11:「直江兼続」~本物鎧

この甲冑は、江戸時代に制作された骨董甲冑です。戦国の世を過ぎた時代とはいえ、着用して活動することを大前提とした作りとなっているため、体への装着感は抜群に優れており、さらに比較的甲冑重量が軽くて身体への負担は限りなく少ないため、長時間に及ぶ着用でも疲れを殆ど感じることは無いということを保証します。地味でありながらも徹底的な機能性を重んじた構造となっており、それこそ「本物鎧」を象徴するものです。

上杉家伝統の甲冑形式とは異にする構造である本甲冑を着用することにこそ、着用者の個性の表現となり得るのではないかといえます。

この甲冑の総重量は約30kgです。