G-03:「直江兼続」~情熱の愛

「愛の前立て」の愛の語源は、仏教の信仰対象である”愛染明王”や”愛宕権現”であるとの説が有力視されていますが、”仁愛の愛”として抱くのも雅であると考えます。

G-03:「直江兼続」~情熱の愛G-03:「直江兼続」~情熱の愛 本鎧のもうひとつの特徴は、後頭部や首周りを防御する装備である「シコロ」です。通常、シコロは1重であるのが一般的ですが、兼続の兜は二重シコロといって、外側の笠ジコロの内側にもうひとつシコロが装着されています。これは上杉家に特有な形式で、兼続の主君である上杉景勝も二重ジコロの兜を所用しており現代に伝わっています。まさに結婚披露宴に望む男の晴れ着にふさわしい甲冑です。

この大鎧の総重量は17kg程あります。

G-03:「直江兼続」~情熱の愛G-03:「直江兼続」~情熱の愛

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。アスタリスク (*) がついているフィールドは必須 フィールド です。 (*)