G-06:「直江兼続」~藍の証

直江兼続をイメージして、あまりにも大胆に表現した結果完成した甲冑が、この「藍の証」(あいのあかし)です。

G-06:「直江兼続」~藍の証G-06:「直江兼続」~藍の証 甲冑の各部位は、実物の構成にできるだけ則り、藍色系統の鮮やかな組紐で表現しています。後頭部や首周りを防御する「シコロ」も実物にならって二重シコロとしています。通常、シコロは1重であるのが一般的ですが、実際の兼続の兜の構成と同じ二重シコロ構造を見事に踏襲しています。史実に基づく甲冑から軸を逸らさない一方で無骨らしさを一切排除し、場の雰囲気にマッチするエレガントな演出を望まれる方にはおすすめです。

この大鎧の総重量は18kg程あります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。アスタリスク (*) がついているフィールドは必須 フィールド です。 (*)