G-09:「徳川家康」~歯朶具足

徳川家康が関ヶ原の合戦の前に大黒天の夢を見たことから、それを意匠として作らせた甲冑がこの甲冑です。

G-09:「徳川家康」~歯朶具足G-09:「徳川家康」~歯朶具足 この甲冑には歯朶(しだ)に見立てられた前立てがついていることから“歯朶具足“といいます。歯朶は常緑でよく茂る植物であることから繁栄と長寿を願う縁起物でもあり、この甲冑を身に着けて関ヶ原の合戦・大坂の陣で勝利したことで、俗に”大出世甲冑”ともいわれています。事実、260年以上にわたる江戸幕府の安泰の礎となった徳川家康のこの甲冑は、新たな家庭を守り、繁栄に導く役目を負った、覚悟と喜びの一領です。

この大鎧の総重量は30kg程あります。

G-09:「徳川家康」~歯朶具足G-09:「徳川家康」~歯朶具足

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。アスタリスク (*) がついているフィールドは必須 フィールド です。 (*)