Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式

平安時代末期の典型的な大鎧を復元したものです。日本独特の精巧な構成かつ雅な表現を誇る、日本の鎧(甲冑)の原点とも言うべき鎧です。

Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式 騎射戦に最も適した鎧であり、徒歩戦(直接地上を駆け巡っての戦い)には向いておらず、胴の腰回りが大きくて台形状の外見をしており、立った状態では鎧の重量の全ての負荷が両肩のみにかかるため、戦国時代の甲冑に比べてとりわけ重く感じられます。室町時代以降、「式正の鎧(しきしょうのよろい)」として敬われ、大名の権威を象徴するものとして奉られるようになりました。室町時代以降には戦法が変化し、それに伴って甲冑の形式も劇的に変革し、果ては大鎧の外見の華美さから、復元して大名家などで武家の象徴として用いられることとなりました。

この大鎧の総重量は27kg程あります。

※当時の日本人体型に合わせて復元した鎧であるため、身長165cm以下の方に適します。 Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式Y-02:「赤糸縅大鎧」〜平安時代形式

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。アスタリスク (*) がついているフィールドは必須 フィールド です。 (*)